商品一覧

Item List

コーヒー

タンザニアAA キリマンジャロ タンザニア産 ストレートコーヒー

大粒で、甘味・苦味・酸味・コクのすべてが揃ったフルボディのコーヒーです。

一般的に「キリマンジャロ」の名で親しまれています。

 

【焙煎師から一言】

生豆自体が大粒でのタンザニアAA キリマンジャロは中深焙りすることにより

酸味・苦味・コク・甘味全てが出るように焙煎しています。

価格

1300円(税込)/250g

豆の状態






焙煎度

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
浅煎り
(この焙煎度合いは余り市場には、
商品として出しません)
1. ライトロースト
最も焙煎が浅く、コーヒー豆にうっすらと焦げ目がついている状態。香りやコクが不十分で、飲用になることはほとんどありません。

2. シナモンロースト
シナモン色になる程度まで焙煎したもの。まだ生豆の青臭さが残り、一般的には飲用に適しません。
浅煎り
3. ミディアムロースト
ここから中炒りとなります。茶褐色で酸味が強く、苦味は弱いのが特徴。アメリカン・タイプの軽い味わいになります。
やや浅煎り
4. ハイロースト
ミディアムよりやや深い炒り方。酸味とともに、やわらかい苦味や甘味が感じられるコーヒーとなります。
家庭や喫茶店で飲まれることの多い焙煎度合いです。
中煎り
5. シティロースト
シティロースト以降は「深炒り」となります。コーヒー豆の色は鮮やかなコーヒーブラウンで、バランスのとれた酸味と苦味が特徴。
最も標準的な焙煎度合いで、ハイローストと並んで多くの家庭や喫茶店で親しまれています。
最近ではエスプレッソ用として使用されることもあります。
やや深煎り
6. フルシティロースト
色はダークブラウンで、コーヒー豆の表面に油がにじんできます。酸味よりも香ばしさや苦味が強く感じられ、
アイスコーヒーやエスプレッソに適した焙煎度合いです。
深煎り
7. フレンチロースト
濃い焦げ茶色となり、強い苦味とコク、独特の香りが楽しめます。
カフェオレやウィンナーコーヒーなど、ヨーロピアンスタイルのアレンジメニューに適しています。

8. イタリアンロースト
最も焙煎が深く、豆の色は黒に近い状態。強い苦味と濃厚な味わいが特徴的で、エスプレッソやカプチーノ向きです。

価格

1300円(税込)/250g

豆の状態






島野珈琲直営
『B4 Cafe』

喫茶店に漂う挽きたてコーヒーはひと味違います。B4Cafeでは、お選び頂いたコーヒー⾖をその場で挽き、淹れたてのコーヒーを味わうことができます。

髙匠『湯種⾷パン』

話題の⼈気⾷パン店「髙匠」さんの湯種⾷パンを、島野珈琲では毎週⽔曜⽇に店頭で販売しております。数量限定販売の為、売り切れ次第販売を終了させて頂いております。ご了承下さい。お電話でのご予約も承っております。

お問合わせContact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

06-6799-8000

〒547-0014
大阪市平野区長吉川辺3-17-25